美しい佐久の大地と人にめぐまれて
学校紹介

 佐久城山小学校は、百年もの長い歴史があった平賀小学校と・内山小学校がいっしょになって、今から約30年前に生まれました。
 全校児童は約370人
 佐久市の市街地から群馬県境まで、国道254号線にそって東西15キロ、南北5キロメートルの細長いところが私たちの学区です。スクールバスで登下校しているお友達もいます。
 
学校からは、浅間山や黒斑山、それに八ヶ岳,蓼科山などがよく見えます。
 
学校は佐久平の東部にあって、水田が広がっている平らなところや、工業団地やゴルフ場のある丘、そして不思議な形をした岩が見えるところなど、変化に富んでいます。標高は、685メートル、日本海と太平洋の分水嶺となる内山峠をはさんで隣は群馬県下仁田町です。

 私たちは、美しいこのふるさとが大好きです。
 ここ数年、上信越自動車道佐久インターチェンジができたり、新幹線の佐久平駅が開業したりして、佐久市全体が変わってきました。都市化がすすんできました。佐久市の郊外にある私たちの学校のまわりも、交通量の増加や大規模な住宅団地の建設など、さまざまな変化がみられるようになってきました。

 2003年1月に、暖房装置付きの立派な体育館が完成し、冬でも快適に全校集会などが行えます。
 
2010年には、開校30周年を迎え、様々な記念行事が行われました。


リストマーク 君の いいとこ また見つけたよ
 
 わたしたち佐久城山小学校の児童は次の3つの願いを実現しようとしています

自分の

 ・手足を 動かし

 ・頭を 働かせ

 ・心で 感じと

 これが、学校目標です。わかりやすくて、私たちは 気に入っています。




リストマーク 城山21プラン
 
 心豊かな人間の育成をめざす
「城山21プラン」

○ふるさとの歴史と文化に学ぶ「城の子」の学習

○ 豊かな自然と人に学ぶ「山の子」の学習

○国際化、情報化に対応した「21世紀の子」の学習

○明るいあいさつと場に応じた言動

地域のその道のプロの先生にご支援をいただいています。
.
.
.

TOPに戻る